ひずみ計測器の静ひずみとは

ひずみ計測器の静ひずみとは ひずみ計測器は、物体の伸びたり縮んだりすることを計測する力学的センサーです。
これは時間的な差異によって静と動に分けられます。
静ひずみは、物体が伸びたり縮んだりすることが時間が経過しても変わらないものになります。
全く変わらないわけではなくなく、多少の変化ならそれにあたります。
そんな伸びたり縮んだりを測定するひずみ計測器には種類があります。
1点測定用のものと、多点自動切換方式のデータロガーに分けられます。
これを測定する理由はものの強度をはかるためです。
静ひずみにあたるのが橋梁などの建造物のコンクリートに負荷がかかったときのものです。
どれたけの負荷がかかっても大丈夫か、安全性を判断するうえでも大切なことになります。
建造物をつくるときは単純に強度だけを見ればいいわけではありません。
コスト面や軽量化による材料の選別が必要になってきます。
コストを抑えたり軽量化をしても、安全面で問題はないか強度をはかることが重要になります。
ものづくりにはかせないものです。

ひずみ計測器のひずみゲージとは

ひずみ計測器のひずみゲージとは まず、ひずみ計測機とは構造物にかかる負荷などからそれに応じてどれくらい伸縮、膨張したか、を計測するものです。
この、計測器には種類がありその中でも小さな範囲を計測する場合にはひずみゲージを用いることが多いです。
これは、樹脂のシートの上に金属の箔とリードが乗っている板状のものでこれがゆがんだ際の電気抵抗の変化からどのくらい歪みが生じたかを測定します。
計測器の中では精度が高く長期的に安定した結果が得られ、使用方法においても測りたい部位につけるだけ、と優れた点が多く、昔から広く使用されています。
第二次世界大戦当時では米軍の飛行機の耐久性をテストするために翼に張り付けるなどして使用されてました。
そんなひずみゲージですが、使用が向いていない事もあります、それは広い面積のを測るときです。
この時に、これを使おうとすると測りたい面を覆うように何枚も貼らなければなく測定に多くの時間と費用がかかってしまいます。
この場合には別の計測器が使用されます。