このサイトではひずみを計測するツールの仕組みに関して主にご紹介しています。
始めに、この器具がどのような仕組みなのかご説明し、次に静ひずみとは何かという事とひずみゲージについてお示しします。
仕組みを理解することで、次に書かれたポアソン比や加速度センサーにはどのような種類があるのかを理解しやすくなります。
そのため、この記事を読み進めることで歪みを測るツールである計測器について具体的なポイントを知ることが可能です。

ひずみ計測器の仕組み

ひずみ計測器の仕組み 物に引張力を加えたときには、力に対応する応力が内部に発生します。
そして、応力に比例する断面的な縮伸が見られるようになりますが、この力が時に物体の形状を変化させてしまうことがあります。
工場などで用いられている精密機械類などでこのような現象がみられると様々な不具合の発生が起こることがあるのです。
そのため、生産ラインで活用されている機械類のひずみの有無は定期的に計測器を使って確認し、必要に応じて調整していくことになります。
このような歪み具合を調べるときに使用される道具がひずみ計測器で、この機器を用いて生産ラインの機械類に発生している歪みを是正していきます。
つまり、この計測器によって物体の内部に発生したひずみを調査することができるのです。

応力とは?ひずみ計測器を用いて良い製品づくりに役立てる

応力とは?ひずみ計測器を用いて良い製品づくりに役立てる 良い製品を製造することは製造業を営んでいる会社にとってはとても重要な使命です。
製品強度や構造を検討する際に、製品の品質という点でひずみは重要なポイントでもあります。
例えば、棒状の精密機械製品を製造している場合、製品を使用しているとさまざまな負荷がかかることで棒の中にひずみが生じます。
これを物理学的にみると、引っ張られたりして力を受けた棒の中では元の形に戻ろうとする力が作用し始めます。
この力は引っ張る力と同じ大きさになります。
そのため、引っ張る力がなくなれば棒は元の状態に戻ります。
こうした力は反発する力でもあり、反発力を断面積を分母として計算した値を応力といいます。
これは単位面積当たりの力で、実際には断面積を乗じれば全体的な力となります。
棒は最初のうちは軽く曲げられたくらいですので、元の状態に戻り、まっすぐになります。
けれども強く曲げると曲がった状態のままとなって戻らなくなってしまいます。
これが物質のひずみになります。
計測器はこうした棒のゆがみを計測することができますので、ゆがんだ状態であればそれを改善することにつなげていくことができます。
このように、計測器を用いると製品のゆがみを計測できます。

デジタルマルチメータについて詳しく知りたい

あなたの知らないデジタルマルチメータの世界